キャンパスレポート

キャンパスレポート #17 - 2016年4月

沢山の「初めまして」

長い長い春休みが終わり、満開の桜と共に新しい季節がやってきました。ようやくキャンパス内が学生で賑やかになり、食堂や教室などあらゆるところで楽しそうな会話が繰り広げられています。心地の良い気候が続く中、植物も一斉に芽吹き始めました。そんなキャンパスの様子をお届けします。

               

入学式

4月4日、津田塾大学では入学式が行われました。午前中は雨でしたが、皆さんの思いが通じたのでしょうか。午後にはまるで新入生を歓迎するかのように天候がガラリと変わり、すっきりとした青空が広がりました。これから始まる大学生活に大きな期待と不安を抱えている新入生の背中を押してくれているようでした。入学式後の中庭や大学の正門前では、家族やこれから共に学んでいく学生同士で、入学式の記念撮影を行う姿が見受けられました。

サークル紹介

4月9日、キャンパス内で大学主催のサークル紹介が行われました。新入生は、沢山の新勧パンフレットやチラシを抱え、校内のあちこちに設置された個性豊かなサークルのブースを見て回っていました。新入生は意中のサークルがありながらも、魅力的な説明を聞いたり、中庭で行われるパフォーマンスを見るたび思わず目移りしてしまっていたようです。

パフォーマンスで賑わう中庭

各サークルの力のこもった立て看板       

サクラ、マンカイ

3月下旬から桜が少しずつ咲き始め、4月の上旬には満開の桜が私たちを迎え入れてくれました。満開になったと思えば、まるで心残りなどないかのように一瞬で散ってしまうのが桜です。桜の花びらは春風に吹かれて美しく舞い、鮮やかなピンク色が地面を覆いました。

開花祭

少し注意してキャンパス内を観察してみると、植物が我先にと開花を迎えています。春が待ち遠しくてウズウズしていたのは私たちだけではなかったのかもしれません。ハナズオウ、ハナカイドウ、アセビ、シャガ、ハナニラ……ここには載せきれないほど数多くの植物が次々と開花する様子を見ることができます。

木瓜(ボケ)

花桃(ハナモモ)

皐月(サツキ)の蕾

皐月(サツキ)

冬を越して実が残ったカボス

山吹(ヤマブキ)

馬酔木(アセビ)

射干(シャガ)

花韮(ハナニラ)  

・・・


花が散ると、次は若葉の出番です。キャンパス内はみずみずしい緑に包まれることでしょう。初夏の日差しを全身に浴びながら、大きく深呼吸をしてみてはいかがでしょうか?次回のキャンパスレポートもお楽しみに。

          

  • Share
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena Bookmark