キャンパスレポート

キャンパスレポート #27 - 2017年1月

身を切るような寒風に、思わず身をすくめた1月。寒空の下、凛とそびえ立つハーツホン・ホールは、冬休みを終えた学生を迎え入れました。中旬には最強寒波も到来し、本格的な冬を感じたひと月となりましたね。今回のキャンパスレポートでは、そんな厳しい寒さの中でも生き生きとした「自然」と「ひと」に焦点を当てて、お伝えします。

今年も会えたね

毎年この時期になると、かわいらしい花をつける梅が、今年も咲きました。花の一つひとつは小さいものの、私たちに春の訪れを感じさせてくれます。

見上げれば、ほら。

小川先生の最終講義

1月10日(火)に情報科学科 小川貴英教授の最終講義が行われました。テーマは「人とコンピュータ 初めて書いた2つのプログラム」。多くの学生や教職員が特別教室に集まり、先生の講義に耳を傾けました。

講義の中で、小川先生がおっしゃっていた、「最近AIの進化が話題になっているけれど、コンピュータは人間の考えるための道具にすぎない」というお話が印象的でした。

さあ、総まとめ。

学生にとって1月といえば、やはり期末試験。図書館や南校舎のワークステーション教室では、連日たくさんの学生が試験勉強やレポートの作成に励んでいました。仲間が頑張っている姿を見ると、自然と勉強がはかどりますね。


静かな図書館は、テスト勉強にいそしむ学生に大人気です。


・ ・ ・

厳しい寒さの中でも、少しずつ春が近づいています。みなさんのすぐ近くでも、春に向けて支度が始まっているかもしれません。いつもの道、いつもの場所で、小さな春の兆しを探してみてはいかがでしょうか。

それでは、来月もお楽しみに。



 

  • Share
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena Bookmark