キャンパスレポート

キャンパスレポート #32 - 2017年6月


すっかり夏になりましたね!気づくと2017年の半分が終わっていました。今年も残すところあと半分です。時の流れが速すぎると思うのは私だけではないでしょう。 今年の6月は例年とは違い、梅雨空の日が少なく、過ごしやすかったのではないでしょうか。今回はそんな6月のキャンパスの様子をお届けします。

珍しい雨の日

今年は雨の日が少なく、「あれ、梅雨ってもう始まってる?」と感じた方も多いのではないでしょうか。今年の小平キャンパスは雨の日も少なく、梅雨時にしては過ごしやすい日が続きました。下旬になってようやく雨が降り、梅雨らしさを感じることができました。


雨の日のキャンパス。ハーツホンホールもいつもより少し幻想的?

カタツムリも雨で嬉しそうです。

試験期間

今年から津田塾大学は前期・後期の2学期制から、1年を4つに分ける4ターム制に変わったため、第1タームの試験は6月に行われることになりました。普段から多くの学生が図書館や食堂などで勉強をしていますが、試験期間中はさらにその人数は増えます。今月もキャンパスの様々な場所で、試験勉強に励む多くの学生が見られました。

教科書やノートを広げ、勉強に励んでいます


 昨年より試験期間が早まったため、バタバタした第1タームでしたね。ちなみに私(筆者)は試験期間とレポートの提出日が重なり、心が折れそうになりました。次回からはもっと計画的に頑張ろうと思います。


オープンキャンパス

6月18日には小平キャンパスでオープンキャンパスが開催されました。今年度初のオープンキャンパスでしたが、多くの方にお越しいただきました。 今回は在校生による学校紹介や、模擬授業、キャンパスツアーなど、高校生や保護者に向けた様々なプログラムが用意されました。

在学生による大学紹介。今年の4月に新設された総合政策学部の説明もありました。

学生スタッフの案内によるキャンパスツアーはとても人気でした。

全学科の模擬授業が行われました。写真は国際関係学科吉岡先生の模擬授業。




津田塾大学のオープンキャンパスは、学生スタッフの数がとても多いことが特徴です、どんなことでも気軽に質問、相談をすることができます。「一人で行くのが心配」、「学生に直接相談に乗ってもらいたい!」などと考えている方、大歓迎です。少しでも興味のある方はぜひ一度津田塾大学のオープンキャンパスに足を運んでみてください。次回は7月16日、8月12・13日に小平キャンパスで、8月6日に千駄ヶ谷キャンパスで行われます。

高校生や保護者からの相談や質問も、親身になって答える学生スタッフ

これからさらに気温も上がり、暑くなります。体調を崩さぬよう気をつけてお過ごし下さい。学生の皆さんは第2タームを乗り切りましょう。次回のキャンパスレポートもお楽しみに!


 

  • Share
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena Bookmark