キャンパスレポート

キャンパスレポート #6 - 2015年5月

風薫る五月

大学の裏門近く。いいお天気に猫も日向ぼっこです。


1876年に気象庁が観測を始めてから、過去最多となる19回の夏日を観測した今年の5月。梅雨を目前に、すがすがしい五月晴れの日々が続きました。賑やかだった4月から一転、落ち着きを取り戻した5月の小平キャンパスの様子をお届けします。

 






晴天の中庭

お昼休みの中庭は津田塾生の憩いの場。ベンチに座って友人とおしゃべりしたり、芝生の上でお昼を食べたり。この日は初夏の日差しが降り注ぐ中、ピクニックが開かれていました。

ゼミの仲間や先生と交流を深める一品持ち寄りピクニック。楽しい会話が聞こえてきそうですね。

高校生の大学見学

4月に新学期が始まってから、はや2か月がたちました。津田塾では次の春に向けて、もうすでに準備が始まっています。5月25日には高校生の大学見学が行われ、大学の授業や学生食堂を体験しました。また、キャンパスツアーでは在校生の案内の下、夏制服に身を包んだ高校生がキャンパス内を巡り歩きました。

模擬授業の様子

高校とは異なる、大学のキャンパスの雰囲気。



・ ・ ・


4月には緊張した面持ちだった新入生も、5月になり新しい先生、友人や授業に慣れてきた頃でしょう。けれども、津田塾にはまだまだ、あまり知られてない取り組みや風景がたくさんあります。



難民高等教育事業に参加

5月26日、津田塾大学とUNHCR駐日事務所は難民高等教育事業に関する協定を結びました。これは国内の大学では4校目、女子大学では初めての参加です。協定により、津田塾では2016年4月からUNHCRが推薦する難民の女性を毎年1名正規奨学生として受け入れます。

マイケル・リンデンバウアーUNHCR駐日代表(写真左)と國枝マリ津田塾大学学長(写真右)

調印時の様子です。

キャンパス再発見

毎日の学生生活の中では意識しないような見慣れた光景も、カメラのレンズを通して見ると、たくさんの「再発見」が待っています。そんなキャンパスの新たな表情をご紹介しましょう。

高い場所から見下ろすと、本館と食堂の間の道は綺麗なパターン状にレンガ舗装されていることに気づきます。

7号館の2階、角に位置するこの教室は壁がすべてガラス張りです。ガラスの向こう側から、緑を透かして光が差し込みます。

教員研究室がある1号館。2階と3階の窓に色鮮やかなステンドグラスがはめ込まれています。

トワイライトアワーの本館ハーツホン・ホール。まるで異国に紛れこんだかと錯覚しそうなほど、幻想的な雰囲気に包まれます。

梅雨に入り不安定な空模様が続きます。けれど、雨の日の外出も風情があるもの。お気に入りの傘を手に出かけてみれば、いつもとは違った景色が見えてくるかもしれません。
それでは、6月のキャンパスレポートもお楽しみに。




 

  • Share
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena Bookmark