写真とひとこと

写真とひとこと募集『冬を感じる瞬間』

『冬を感じる瞬間』の写真を募集します。

木枯らしが吹いたとき(大橋 みさん / 国際関係学科 / plum garden編集部)

12月に入って寒い日が続き、冬らしく空気が冷たくなってきました。キャンパス内では色とりどりに紅葉した木々が津田塾生の目を楽しませてくれていましたが、今では冷たい風に吹かれ次々に葉を落としていきます。そうした秋のおわりの風景は少し切ないような気もします。しかし、色づいた木の葉が風に舞う様は美しく、冬の訪れを感じますね。


みなさんが冬を感じるのはどんな時ですか?


吐く息が白く立ち昇ってきた時、イルミネーションで輝く街を歩いている時、温かいココアが美味しく感じられた時、こたつで暖まりながらみかんの皮をむいている時・・・季節の変わり目を感じる時は人それぞれかもしれません。

あつあつのおしるこを食べた時 (原田さん / 国際関係学科 / plum garden 編集部)

plum gardenでは津田塾大学の学生・教員・職員の皆さんが、大学のキャンパス内にとどまらず、あらゆる場所で見つけた「冬を感じる瞬間」の写真と、それに添えるひとことのメッセージを募集します。

自然や身の回りのものはもちろん、この季節ならではの、クリスマスやお正月といったイベント関連の写真も歓迎です。津田塾の人々が自然や季節の移り変わりに向ける目を、写真で表現してみませんか?



サンタねこ(gorotakuさん / 英文学科 / plum garden編集部)

写真の応募は、以下のリンクから応募フォームにアクセスしてください。

「冬を感じる瞬間」の写真を送る
(2015年1月11日まで応募を受け付けます)

皆さんからの素敵な写真、お待ちしております。


  • Share
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena Bookmark