つだラボ

つだラボ #6 - LINEスタンプをつくろう (第三話「ついに発売!」)

「あれ、もう審査通っちゃった?」

去年始まった企画「LINEスタンプをつくろう」。前回の記事で、ひとつひとつのスタンプ原画を画像化し、ついに審査に提出したことをお伝えした。
 
わたしたちはのんびり構えていた。審査は3ヶ月かかるなどという噂があったし、結果が出るのは夏休み明けだろうな、と考えていたのである。ところがLINEにスタンプを提出してからわずか一週間で、「審査を通った」という連絡が来てしまった。
 
ちょっと拍子抜けだったが、審査を通過したのは嬉しいことだ。あとは、このボタンを押せば、わたしたちのスタンプは発売されることになる。
 

これまでの苦労を思い出しながら、一つ深呼吸をして、ボタンを押す。

.........

押した。


わたしたちのスタンプ、発売中!

ハイカラ女子大生!UMEちゃんスタンプ☆ - LINEクリエイターズスタンプ
(スマホからは、スタンプ検索『UMEちゃん』でもヒットします)

それでは、わたしたちのスタンプを紹介しよう。
このスタンプのメインキャラクターは、「ハイカラ女子大生・UMEちゃん」である。

山崎さんによるUMEちゃんラフ画。

このキャラクターデザインは、LINEスタンプ班メンバーで作画担当の山崎萌香さんによるものだ。

UMEちゃんは袴姿の女学生で、その特徴的な髪型は、天まで届くような向上心を表している。 津田塾大学をモチーフにしたキャラクターなので、大正モダン風のトラディショナルな雰囲気と、元気で前向きな性格を表現したかったのだ。

作画した山崎さんは、UMEちゃんの表情がともかく気に入っているという。描いていたらどんどん笑顔にしたくなるそうだ。

トマト新聞。バックナンバーご所望の方はplum garden編集部まで

山崎さんは普段から有り余る創作意欲をあちこちで爆発させている。

毎月『走る!トマト新聞』という手書きのフリーペーパーを作り、先生方の研究室や、学生生活課などに配っているのだ。『トマト新聞』とその独特な世界観は人づてに広まり、彼女は学内の一部では知る人ぞ知る存在となっている。

UMEちゃんが食いしん坊で、好物がカレーライスなところは、山崎さんの性格が反映されているらしい。

UMEちゃんを、よろしくお願いします!

わたしたちは、今回をスタンプ販売することで得られた収益を全て、津田塾大学内の保育所である「さくらんぼ保育所」に寄付することにしている。(さくらんぼ保育所については、こちらの記事を御覧ください)。

わたしたちは皆、あと数年したらこの大学を卒業してしまう。大学がただ単に通り過ぎてしまうだけの場所になってしまうとしたら、それはなんだか寂しいな、と思っていた。しかし今回この企画に関わることで、「津田塾大学とのつながり」ができてよかったと思う。

それでは、わたしたちのスタンプと、UMEちゃんをよろしくお願いします!! 
 

  • Share
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena Bookmark