Tsuda Tsuda C ~津田塾生のホ・ン・ネ~

TTC #4 - 高尾山 〜山の日〜

 

新たにまた一つ、国民の休日が増えたことはご存知ですか?今年から、8月11日が『山の日』として国民の休日に制定されました。
山の日とはいったいどういったものなのでしょうか。
今回は、山の日にちなんで、plum garden編集部で高尾山遠足をしてきた記録をお届けします。


・・・
 

 

そもそも山の日ってなに?

山の日とは、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」日として設置された国民の休日です。国民の休日に関する法律の一部を改正する法律(平成26年法律第43号)が施行され、平成28年から8月11日は「山の日」となりました。この山の日の意味のように、国民の休日には一つ一つに国が定めた意味と由来があります。これを機に他の国民の休日の由来も調べてみるのもよいかもしれません。


「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝」すべく、いざ高尾山へ

高尾山は都心から電車で約一時間と、週末に気軽に足を運べる山として定評があるため、休日は老若男女問わずたくさんの人で賑わいます。

6月某日 晴れ この日の最高気温は28度。
11時頃京王線高尾山口駅に集合し、少し歩いてロープウェイ乗り場へ。駅からロープウェイ乗り場までの道は小さな川があり、夏でも涼しげな雰囲気が漂います。
 
 

初夏らしい風景

たくさんの人で賑わう麓

ロープウェイですいすいと

山の上から東京を一望できます

この日は往復ケーブルカー切符を購入。高尾山の中腹まで約5分で連れて行ってくれます。他にもリフトがあり、ケーブルカーより少し時間はかかりますが、リーズナブルな価格で登ることができます。もちろん、自分の足で登ることも可能です。

ケーブルカーを降りてみると、そこはもう地上からはかなり高く、都内を一望することができました。なんと、この日はうっすらとスカイツリーが見えました!
 
 

所狭しと並ぶ露店

炭火で焼くお団子

ケーブルカー乗り場付近には露店が何軒かあり、一息つくことができます。また、自動販売機も多くあるので暑くて熱中症になりそうな日でも安心です。山登りでの水分補給は欠かせません。

心地の良い木陰

お清めしてから参拝します

奥まで並ぶ八十八大師像

休憩所を過ぎると緑に囲まれた緩やかな道が続きます。夏の山登りというと「暑くて過酷」というイメージがありますが、実際は木陰で直射日光が遮られ、最高気温28度を感じさせない涼しさでした。

高尾山にはいくつか登山コースが存在しますが、今回は王道の表参道コースで登ってみました。
表参道コースは、初心者にも優しいゆるやかなコースです。複数のお寺があり、仏閣めぐりをしながら登山を楽しむことができるコースになっています。

お寺を通り抜けると、それまでとは変わって、頂上に向かってややきつい坂道になります。ちょうどお昼時だったため、山頂でのお昼ご飯を楽しみに最後の一踏ん張り。そして…

記念撮影スポットには行列が


山頂に到着!山頂での記念撮影を終え、木陰にレジャーシートを敷いてお弁当タイム。山頂にも何軒か売店があり、お昼ご飯を持参してなかったり、自分が持ってきた分では足りなかったとしても、ここで買うことができます。

山頂も快晴!

登頂後のお弁当は格別

木陰でおしゃべりしながらのランチタイム。授業の話、先生の話、趣味の話をしている間に、気づけば一時間ほど経っていました。つい時間を忘れてしまうくらい快適で居心地のいい時間でした。

そして、いよいよ下山。帰り道は表参道コースではなく、「吊り橋コース」で帰りました。

木の根が張るでこぼこ道

大自然の中に佇む吊り橋

きつい道のりを下ったのち、コースの醍醐味でもある吊り橋を発見!あまり揺れずに景色を堪能することができるので、高いところが苦手な人でもチャレンジできそうです。

さて、下山のためのケーブルカー乗り場についたぞ!と思ったら謎の行列が。もしかしてこれ全部ケーブルカーを待っている人たちなんじゃ……?

ロープウェイよりも長い列が


……と思ったら、その行列はビアガーデン待ちの列でした。

高尾山では毎年この時期にビアガーデンを開いており、それ目的にやってくる人も多いんだとか。自然に囲まれ、都内を一望しながら飲むビールは美味しそうですよね。
 

できたてをいただきました


ケーブルカーを待ちながら高尾山名物「天狗焼」をいただきました。外はパリッと、中はホクホクした餡子菓子です。美味。

最前列の特権

まるでアトラクションのよう

ケーブルカーに乗り、再び地上へ。トンネルを抜けると現実に戻ってきたような感覚になりました。

夏らしい一枚


最後に山の麓の露店で、氷水でキンキンに冷えたラムネを飲んで解散!たのしい遠足でした!

・・・ 
 

「登山」をするのはハードルが高い、運動は苦手、体力に自身がないという方は多いのではないでしょうか。この日に山登りに参加したplum garden編集部員の4人中3人は運動部ではなく、日頃あまり運動をしない人たちでした。しかし、そんな人でも苦しいと感じずに、楽しんで登山をすることができました。高尾山は山登り初心者や普段運動をしない人にも親しみやすい山なのです。

8月11日『山の日』
「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」
日本の国土の七割は山であると言われています。この新しい国民の休日の設立をきっかけに、一人の日本国民として、みなさんも山に親しんでみてはいかがですか?
 

 

参考文献

国民の祝日について - 内閣府 http://www8.cao.go.jp/chosei/shukujitsu/gaiyou.html 






  • Share
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena Bookmark