キャンパスレポート

キャンパスレポート #37 - 2018年3・4月


寒い冬が明け、花々が咲き誇る春が到来しました。キャンパス内では、鶯の美しい声が響きわたり、私達を清々しい気分にしてくれます。
春といえば、出会いと別れの季節ですね。
そこで、3・4月のキャンパスレポートでは、卒業式や入学式を中心にとりあげていきます。


卒業式

3月16日、小平キャンパスで2017年度卒業式が行われました。608名が本学を卒業し、これから新たな一歩を踏み出します。
咲き始めた桜は、卒業後、それぞれの道で花を咲かせる卒業生の姿と重なるようでした。

華やかな袴を身にまとった卒業生達の凛とした佇まいは、津田塾生らしさを感じさせます。

互いにカメラを構えて写真を撮りあう『Lens Between Us@Tsuda University』という企画に今年も多くの卒業生が参加してくださいました。
ぜひ、合わせてこちらの記事もご覧ください。



桜花爛漫

暖かい日が続き、今年は早く満開を迎えました。

柔らかな春の日差しを浴びて。

見慣れた景色に花を添える。

 

入学式

4月3日、初夏のような陽気の中、入学式が執り行われました。2018年度の入学者数は小平、千駄ヶ谷キャンパス合わせて757名です。
新入生達は、式の前後、新たに出会った仲間と一緒に写真を撮ったり、談笑したりして和気あいあいとした雰囲気でした。

中庭で笑顔の花が咲く。

新たな一歩を踏み出して。




食堂がリニューアル

2月から行われていた工事が終わり、小平キャンパスの食堂が新しく生まれ変わりました。様々なタイプの席が設置され、気分や目的に合わせて席を選ぶことができます。内装は、カフェのように明るく洗練された雰囲気で、木のぬくもりも感じられます。

カフェタイムに使いたくなるハイセンスなカウンター席。

グループワークに最適なボックス席。

照明にもこだわりがみられます。



サークル紹介

個性豊かなサークルが一堂に会し、賑わいをみせました。
小平キャンパスでの開催でしたが、千駄ヶ谷キャンパスの新入生の姿も多数見受けられました。

他大の学生も行き交うキャンパス内。

それぞれのサークルの特色豊かな立て看板。

新しくなった食堂の中では、履修相談にのっている団体も多数。サークル活動のことのみならず、上級生に学校生活全般についても気軽に聞ける機会にもなっています。

活気に溢れた食堂内の様子。

長い春休みが明けて、新年度がスタートしました。気分をリフレッシュさせ、新たなことにチャレンジをするのに良い時期です。 うららかな春から、新緑のさわやかな初夏への移ろいを感じながらまだ見ぬ自分との新しい出会いを見つけてみてはいかがでしょうか。
次回のキャンパスレポートもお楽しみに。






  • Share
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena Bookmark