キャンパスレポート

キャンパスレポート #8 - 2015年7月

長雨の7月、雨が育んだキノコ

夏学期も終わりが近づき、梅雨を迎えたキャンパスはどこかしっとりとしてきました。


長雨が育んだキノコ


7月の前半は、しとしとと雨が降り続いていました。

この季節の必需品



今年は例年以上に雨の日が続き、雨靴を履いて登校する津田塾生をあちらこちらで見かけました。
私も雨靴を履くと、いつもより足取りが軽く感じられたので、普段は訪れない津田塾の森に足を踏み入れてみました。




息を吸うと、しっとりとした雨のにおいが胸いっぱいに広がります。うつうつとした梅雨のなか、森の足元では生命がにょきにょきと頭を出していました。長雨がキャンパス内で育んでいたのは、綺麗なあじさい……ではなく、キノコでした。しかもでかい。すごくでかい。そして、その種類もひとつやふたつではありません。


さながら腰掛けのようですね


先月のキャンパスレポートでお伝えしたときから、雨をたっぷり吸い込んだキノコたち。津田塾の森を賑わせていた彼らも、梅雨の終わりと共に姿を消してしまいました。


夏の足元


連日の雨が嘘のように過ぎ去り、キャンパス内に降りそそぐ、眩しい日差し。

澄み渡る大空に気分も爽快。

 

長靴を脱ぎ捨てて、さあサンダルを!

スニーカーの靴ひもを結びなおして、心も踊る夏の日です。

からっとした陽気に、思わず駆け出してしまいそう。 



そろそろ期末試験~星に願いを~


夏と共に、期末試験のシーズンも到来しました。
 



試験前になると、生協では「単位パン」が発売されます。今年も、単位を取りたい津田塾生が殺到し、あっというまに完売です。


今年はカレー味です。単位を取るのも、そんなに甘くありません。

パンを食べたら課題図書を揃えて、さあ集中。


・ ・ ・


もうすぐ、夏休み。待ち焦がれる思いが先立ってしまいます。
 

Plum Garden専属モデルの彼も、連日の暑さでバテ気味のようです。「あつい……」


7月のキャンパスは、しっとりとした梅雨空や、はじけるような青空と、いろいろな顔を見せてくれました。8月はどのような顔を見せてくれるのでしょうか。それではごきげんよう、さようなら。


 

  • Share
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena Bookmark