キャンパスレポート

塾祭特集その2 「模擬店コンテスト」


津田塾祭(塾祭)まであと2週間となりました。第2回目の津田塾祭特集企画、今回の特集は「模擬コン」です。

「模擬コン」とは、塾祭に参加する模擬店の中でNo.1を決めるコンテストです。模擬店では津田塾生が日頃の感謝を込めて、来場者の方をおもてなしします。街のお店では買えないような国際色豊かなグッズ、手作りのアクセサリー、そして意外にもガッツリ系のごはんも並びます。「模擬コン」のNo.1は、来場者の投票によって決まり、最終日の閉会式で結果発表が行われます。さらに今年は、投票してくださった方にもうれしい特典があるそうです。

もっと皆さんに「模擬コン」の魅力を知ってもらいたいと、そして、誰よりも成功を強く願う実行委員会の企画運営部門チーフ 関彩佳さん(国際関係学科2年)と「模擬コン」担当 金子礼奈さん(国際関係学科1年)に、その想いを伺いました。



実行委員会の企画運営部門チーフ・関彩佳さん

—関さんは去年、塾祭実行委員として「模擬コン」を立ち上げたそうですが、始めたきっかけは何でしたか?
 
「塾祭はのどかな雰囲気で、それはそれで津田塾らしくて良いのですが、他の大学と比べて少し盛り上がりに欠けるところがありました。皆がさらに塾祭を楽しめるようにするには、どのようにすれば良いかと考え、『模擬コン』を開催することにしました。優勝グループには賞品なども用意して、盛り上がれるよう工夫もしました。」
 

去年の模擬店の様子。呼び込みにも力が入ります。

—手応えはいかがでしたか。
 
「開催してみたところ、各模擬店の良い点や反省点など、出店団体へのフィードバックができるということがわかりました。昨年の模擬店は13店でしたが、今年はさらに増える予定です。特に有志グループでの出店が増えています。ゼミ単位での参加、OGと現役学生が別々に出店する予定のサークルがあったりと、ますます盛り上がりそうです。」

—昨年の優勝はどの団体でしたか?
 
「津田塾大学の一橋大学の合同サークル『グラシェールスキーチーム』でした。焼きそばを出店していたのですが、最後に怒濤の勢いで追い上げを見せ、見事に優勝しました。今年もまた出店してくれるそうです。」

模擬コン担当の金子礼奈さん

—金子さんは、今年の「模擬コン」の担当と伺っています。今年から新たに素敵なお知らせがあるとお聞きしたのですが…。
 
「そうです!今年は参加者だけではなく、来場者の方に景品が当たる抽選会を行います。何がもらえるかは当日のお楽しみです!」
 
 
—金子さんは1年生ですので、今年が初めての塾祭ですね。塾祭実行委員会に入ったきっかけを教えて下さい。
 
「私は津田塾大学に入学したら実行委員になろうと決めていました。高校生のときに文化祭の実行委員がやりたくてもできず、実行委員の人達を見ながら『青春しているな~』と悔しい思いをしました。大学生になって、実行委員になることができとても嬉しいです!」

—すごい!やる気にあふれていますね。「模擬コン」への意気込みをお願いします。
 
「新しく行う抽選会は、投票してくださる方にさらに楽しんでほしいという想いで企画したので、ぜひたくさんの方に参加していただきたいです。」



塾祭にかける熱い想いは一緒です。

—関さんは今年度企画運営部門チーフという立場ですが、どのような経緯でチーフになったのですか?
 
「私は友達に連れてこられて、気付いたらチーフになっていました(笑)。昨年困っていた委員長を放っておけず、頑張っていた姿勢が買われたのかもしれません。」
 
 
—そういったきっかけもあるのですね!では、関さんの塾祭への意気込みをお願いします。
 
「私はチーフとして、塾祭の全体の管理をしてきました。塾祭は学内外の多くの人々協力のもとに運営されています。皆の努力が報われるような塾祭にして、絶対に成功させたいです。」

 


今回お話を伺って、お二人から、塾祭にかける熱い思いが伝わってきました。今年の塾祭、そして「模擬コン」がますます楽しみになりました。No.1はどのグループが勝ち取るのか・・・貴方の1票でその結末が変わるかもしれません。ぜひ、皆さん参加してみてください。

「模擬コン」について、場所・投票方法などもっと知りたい!という方は
こちらへどうぞ。
※ クリックすると第56回津田塾祭の公式ホームページに移動します。

次週も塾祭情報をお届けします。お楽しみに!




  • Share
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena Bookmark