津田塾祭特集

塾祭特集その1「セルフネイル講座」

津田塾祭がやってきます!

11月11日(金)~13日(日)、津田塾大学小平キャンパスにて第57回津田塾祭(通称:塾祭)が催されます。津田塾大学の学生有志による「塾祭実行委員」が主体となり、運営を行う学園祭です。塾祭では、過去にはゲストによるトークショー、模擬店コンテスト、メイクアップ講座、近隣の方によるフリーマーケットなどが行われました。その一部をご紹介します。


 

中庭いっぱいに模擬店が並びます。

津田塾祭は、いわゆる大学の「学園祭」と聞いてイメージされるような、キャンパス内に人がすし詰め状態なお祭り騒ぎではありません。でも、こぢんまりと落ちついて楽しい雰囲気があります。

ひとつひとつ丁寧に趣向を凝らした飾りが印象的です。




セルフネイルブロガー・しずくさんによるネイル講座


今年の塾祭では、12日にセルフネイルブロガー・しずくさんによる、「セルフネイル講座」が催されます。

しずくさんは、主に100円ショップで売られているネイルグッズで可愛らしいネイルアートを作り、それを「ほぼ100均ネイル」というブログで紹介されています。そのブログは、アメーバブログランキング・コスメ部門で第一位を獲得しています。そんな大人気なしずくさんを塾祭にお招きすることになった経緯を、塾祭委員企画運営部門・林千弘さん、同じく実行委員のセルフネイル講座発案者・関彩佳さんにお聞きしました。

セルフネイル講座発案者・関彩佳さん(写真左)、企画運営部門・林千弘さん(写真右)

—塾祭にセルフネイル講座を企画したきっかけはなんでしょうか?

昨年の塾祭企画の「メイクアップ講座」が好評だったことがきっかけです。「メイクアップ講座」では、YouTuberのRisaさん、美希ぽんさんをお招きし、大学生向けのナチュラルメイクの仕方を教えていただきました。今年もそういった女子大ならではの企画を考えていたところ、ネイルアートにたどり着きました。


—大のネイル好きという関さん。もちろん取材時にも華やかなネイルアートが!

私は土日にピザの配達アルバイトをしているために、金曜日にはマニキュアを落とさないといけないんです。もし、これが高価なマニキュアだと、落とすときに悲しい。けれども、安価な100円ショップのマニキュアなら、とまどいなく落とせます。気軽にいろいろな色に挑戦できるので、ネイルのバリエーションも増やすことができます。
 

しずくさんの著書『ほぼ100均ネイル』(発行 KADOKAWA)



-インタビュー中も、しずくさんの著書を囲んで、思わずその凝ったネイルアートに感嘆の息が漏れました。

こういった凝ったネイルアートはやりかたを知らないとできません。でも、実はやってみると意外に簡単なんです。例えば、グラデーションネイルも、スポンジに濃淡をつけたマニキュアを塗って、爪に『ポンポン!』と叩くだけ。難しそうと嫌厭せずに、気軽に津田塾生に参加してほしいです。
 



ー塾祭当日はどんなネイルアートを習うのでしょうか?

現在、しずくさんに津田塾祭のための特別デザインをお願いしています。当日まで秘密です。H314という小さな教室で小学校のように机を島に並べて、セルフネイルをしていきます。どんなネイルシールを使うと良いのか、普段うまく塗れないところをどうしたらよいのかを、ネイルのプロに直接教えてもらうことができます。大学の学園祭ならではのイベントです。

このネイル講座の売りは「セルフ」ネイルであることです。ネイルサロンでプロにやってもらうのではなく、同じようなネイルアートを自分でできるようになれることです。
 
津田塾生は普段課題や仕事で忙しくしている人が多いですが、年に1度ぐらいこうやって、キラキラネイルアートをする日があってもいいと思います。津田塾祭の時くらいは、普段と違う自分を見つけてもいいのではないでしょうか。
 

セルフネイル講座は、
11月12日(土)
午前の部 11:00 – 13:00
午後の部 15:00 – 17:00
本館3階 H314教室にて行われます。参加費1200円です。(ネイル材料費を含みます)

詳細はこちらよりご覧いただけます。

参加チケット販売に関する詳細は次のページでご覧いただけます。
午前の部 / 午後の部

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

plum gardenでは3週連続で「塾祭特集」をお送りします。次回もお楽しみに!



  • Share
  • Twitter
  • Google+
  • Hatena Bookmark